AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

名古屋大学は2019年4月5日、AI(人工知能)を用いた血糖値予測システムを開発したと発表した。これにより、糖分やインスリン摂取量の手動入力を排除した血糖値の予測が可能になる。同大学大学院工学研究科 准教授の新津葵一氏らの研究グループによる研究成果となる。
続きを読む…
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1905/07/news016.html

ニュース選定者:鈴木美香
monoist
https://monoist.atmarkit.co.jp/
■情報公開日:2019年6月18日
■最新情報更新日:2019年6月18日

 

関連記事をみる

  1. アップル、車いすユーザーの活動量をスマートウォッチで計測する技術–特許を取得 (2020…

  2. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

  3. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  4. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  5. 「Galaxy Watch」で手を洗う習慣をサポートするアプリ「Hand Wash」 (2020.8…

  6. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  7. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  8. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

ランキング

PAGE TOP