AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

名古屋大学は2019年4月5日、AI(人工知能)を用いた血糖値予測システムを開発したと発表した。これにより、糖分やインスリン摂取量の手動入力を排除した血糖値の予測が可能になる。同大学大学院工学研究科 准教授の新津葵一氏らの研究グループによる研究成果となる。
続きを読む…
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1905/07/news016.html

ニュース選定者:鈴木美香
monoist
https://monoist.atmarkit.co.jp/
■情報公開日:2019年6月18日
■最新情報更新日:2019年6月18日

 

関連記事をみる

  1. 大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

  2. サムスンのGalaxy Watchの血圧測定アプリが韓国で承認 (2020.4.21)

  3. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  4. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  5. コヴィディエンジャパン,大腸用カプセル型内視鏡「PillCam™ COLON 2 カプセル内視鏡シス…

  6. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

  7. Wi-Fiで位置も呼吸も転倒も分かる センサー不要のセンシング&測位技術「WirelessAI」(2…

  8. Fitbit、GPS搭載フィットネストラッカー「Charge 4」を4月に2万1980円で発売 (2…

ランキング

PAGE TOP