大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

2018年2月、CTで撮影した脳の画像を解析し、脳卒中の有無を判断する人工知能(AI)ソフトウェアが米国FDAによって医療機器として初めて承認を受けている。
AIソフトウェアは、従来の医療機器と違い、ソフトウェア(プログラム)単体が医療機器として承認されたもので、このような医療機器を「プログラム医療機器」と呼んでいる。
続きを読む
https://www.data-max.co.jp/article/35015

ニュース選定者:鈴木美香
データ・マックス Net IB News
https://www.data-max.co.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.…

  2. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  3. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  4. 枕で睡眠を可視化!心拍数、呼吸数、寝返り、睡眠時間、睡眠の深さを計測できるエムールの「EMOOR S…

  5. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  6. コヴィディエンジャパン,大腸用カプセル型内視鏡「PillCam™ COLON 2 カプセル内視鏡シス…

  7. 良質な睡眠をサポート!新感覚のイヤホン型デバイス「Amazfit ZenBuds」(2020.7.6…

  8. ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」 ゲーミフィケーションでコロナ時代のヘルスケアを…

ランキング

PAGE TOP