大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

2018年2月、CTで撮影した脳の画像を解析し、脳卒中の有無を判断する人工知能(AI)ソフトウェアが米国FDAによって医療機器として初めて承認を受けている。
AIソフトウェアは、従来の医療機器と違い、ソフトウェア(プログラム)単体が医療機器として承認されたもので、このような医療機器を「プログラム医療機器」と呼んでいる。
続きを読む
https://www.data-max.co.jp/article/35015

ニュース選定者:鈴木美香
データ・マックス Net IB News
https://www.data-max.co.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. IoT をもっと始めやすく!IoT デバイスを1個から購入可能な「SORACOM IoT ストア」を…

  2. 【医薬品開発の新潮流~プロセス変革を担うテクノロジー~】ファーマ・コンサルティング・グループ(vie…

  3. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

  4. ストレスがたまるサイトは? こころの健康状態を可視化するAI分析アプリ「Misu」 (2020.6.…

  5. ゲームベースの「デジタル治療」をFDAが認可、小児ADHDの注意機能を改善 (2020.6.16)

  6. サンフランシスコの救急医療現場、新型コロナ対策でスマートリングを活用 (2020.3.24)

  7. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  8. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

ランキング

PAGE TOP