OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

OKIはこのたび、京都大学健康科学センター(研究代表者:石見拓教授、以下京都大学)と睡眠に関する課題解決をめざす行動変容システムの構築と医学的エビデンスの創出に向けた取り組みを開始しました。OKIがこれまで培ってきた行動変容技術(注1)をベースに、京都大学の持つ最新の睡眠医学の知見を活用し、睡眠に関する課題の解決と健康的な生活習慣の定着を目的とした睡眠改善ソリューションの共同開発を目指しています。
続きを読む
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000017036.html

ニュース選定者:羽岡久美子
PRTIMES
https://prtimes.jp/

■情報公開日:2020年7月10日
■最新情報更新日:2020年7月10日

 

関連記事をみる

  1. メドレー、「CLINICSオンライン診療」を活用した服薬指導の実施において、大手調剤3社と連携を開始…

  2. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  3. メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.…

  4. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

  5. CureAppが減酒支援アプリを開発!久里浜医療センターとの共同研究を開始 (2020.6.12)

  6. スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

  7. スマホ vs ウェアラブル機器、運動療法の身体活動量モニタリングに適しているのは? (2020.4.…

  8. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

ランキング

PAGE TOP