情報機器メーカーと大学が睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.30)

OKI(沖電気工業)は2020年3月19日、京都大学健康科学センターと共同で、睡眠に関する課題解決を目指す行動変容システムの構築と医学的エビデンスの創出に向けた取り組みを開始したと発表した。
OKIの培ってきた行動変容技術と京都大学の持つ最新の睡眠医学の知見を生かし、睡眠改善ソリューションの共同開発を目的としている。具体的には、IoT(モノのインターネット)を組み合わせた実証実験用のシステムをヘルステック研究所と協業で構築し、システム利用者の睡眠と覚醒のリズムを整え、睡眠改善の効果を医学的に検証する。
続きを読む
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2003/30/news039.html

ニュース選定者:佐々木崇
MONOist
https://monoist.atmarkit.co.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  2. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  3. アップル、車いすユーザーの活動量をスマートウォッチで計測する技術–特許を取得 (2020…

  4. ストレスがたまるサイトは? こころの健康状態を可視化するAI分析アプリ「Misu」 (2020.6.…

  5. ヤマト運輸がIoTで高齢者の見守りをサポート SIM内蔵IoT電球のHelloLightと実証実験を…

  6. LINE ヘルスケア、全国の医師に向けて、LINE ビデオ通話を活用した「オンライン診療マニュアル」…

  7. スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

  8. 【医薬品開発の新潮流~プロセス変革を担うテクノロジー~】ファーマ・コンサルティング・グループ(vie…

ランキング

PAGE TOP