情報機器メーカーと大学が睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.30)

OKI(沖電気工業)は2020年3月19日、京都大学健康科学センターと共同で、睡眠に関する課題解決を目指す行動変容システムの構築と医学的エビデンスの創出に向けた取り組みを開始したと発表した。
OKIの培ってきた行動変容技術と京都大学の持つ最新の睡眠医学の知見を生かし、睡眠改善ソリューションの共同開発を目的としている。具体的には、IoT(モノのインターネット)を組み合わせた実証実験用のシステムをヘルステック研究所と協業で構築し、システム利用者の睡眠と覚醒のリズムを整え、睡眠改善の効果を医学的に検証する。
続きを読む
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2003/30/news039.html

ニュース選定者:佐々木崇
MONOist
https://monoist.atmarkit.co.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. 開発が進むオンライン診療…「本当に必要な人だけ病院に来る」世界が到来? (2020.4.3)

  2. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  3. メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.…

  4. スリープテックで睡眠生活を向上。いびき防止ウェアラブルデバイス 「Snore Circle / スノ…

  5. Apple Watchで測った心拍数を分析して自動作曲 AI作曲アプリ「AImelo」登場 (202…

  6. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

  7. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  8. メドレー、「CLINICSオンライン診療」を活用した服薬指導の実施において、大手調剤3社と連携を開始…

ランキング

PAGE TOP