開発が進むオンライン診療…「本当に必要な人だけ病院に来る」世界が到来? (2020.4.3)

新型コロナウイルスをきっかけに、医療体制への注目が集まっている。再びこうした事態が起きた時、医療者への負荷をいかに軽減し、医療崩壊を防いでいくか。一体どのような体制を築いておくべきなのか。その行方を左右するのが、「AI医療」の進歩である。
在宅医療の普及により、人々が不必要に病院へ殺到することを防ぐことが期待できる。さらにオンラインによる遠隔(リモート)診療が広がることで、医療機関の充実していない地域からでも高度な医療にアクセスすることも可能になる。こうした体制の整備は、次のパンデミックに備える上でもカギになることは間違いない。
続きを読む
https://shuchi.php.co.jp/article/7521

ニュース選定者:羽岡久美子
PHP Online 衆知
https://shuchi.php.co.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

  2. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  3. 手が顔に触れようとすると振動するリストバンド『Immutouch』、新型コロナ対策にも (2020.…

  4. スマートウォッチで新型コロナウイルスを早期検出できるかも? Fitbitが調査中(2020.5.26…

  5. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

  6. 情報機器メーカーと大学が睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.30)

  7. まぶたの写真を撮って貧血を診断! パデュー大らがスマホアプリによる検査技術を開発 (2020.7.3…

  8. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

ランキング

PAGE TOP