オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンライン診療の提供について臨時的、特例的な取り扱いを行い、より多くの患者が受診できる体制作りに取り組んでいる。また、外出自粛要請による在宅勤務の推奨を受けて、オンラインでのコミュニケーションが身近になっている。
このような状況を背景に、株式会社オプティムは「オンライン診察プラットフォーム」のOEM(Original Equipment Manufacturing:提供先のブランドで生産・提供をする方式)提供を行い、遠隔制御を中心としたテクノロジーをパートナー企業に公開する事を発表した。
続きを読む
https://iotnews.jp/archives/152065

ニュース選定者:羽岡久美子
IoT NEWS
https://iotnews.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. 親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)…

  2. 花粉症

    LINEヘルスケア、花粉症の対策や治療方法は「LINE」で医師に相談!!ノバルティス ファーマと連携…

  3. テレワーク中の社員のコンディション把握に最適!歩くほどに学びが深まる、健康教育アプリ「COCOLOL…

  4. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  5. ヤマト運輸がIoTで高齢者の見守りをサポート SIM内蔵IoT電球のHelloLightと実証実験を…

  6. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

  7. 【新型コロナ】非接触で測定!需要高まる放射温度計 (2020.4.26)

  8. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

ランキング

PAGE TOP