オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンライン診療の提供について臨時的、特例的な取り扱いを行い、より多くの患者が受診できる体制作りに取り組んでいる。また、外出自粛要請による在宅勤務の推奨を受けて、オンラインでのコミュニケーションが身近になっている。
このような状況を背景に、株式会社オプティムは「オンライン診察プラットフォーム」のOEM(Original Equipment Manufacturing:提供先のブランドで生産・提供をする方式)提供を行い、遠隔制御を中心としたテクノロジーをパートナー企業に公開する事を発表した。
続きを読む
https://iotnews.jp/archives/152065

ニュース選定者:羽岡久美子
IoT NEWS
https://iotnews.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

  2. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

  3. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  4. コンタクトレンズは多機能なウェアラブルディバイス化?2021年に臨床試験開始目指す (2020.5.…

  5. 新型コロナにMaaSや遠隔問診で対応、フィリップスが医療ソリューションを提案 (2020.4.30)…

  6. テレワーク中の社員のコンディション把握に最適!歩くほどに学びが深まる、健康教育アプリ「COCOLOL…

  7. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  8. 情報機器メーカーと大学が睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.30)

ランキング

PAGE TOP