オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンライン診療の提供について臨時的、特例的な取り扱いを行い、より多くの患者が受診できる体制作りに取り組んでいる。また、外出自粛要請による在宅勤務の推奨を受けて、オンラインでのコミュニケーションが身近になっている。
このような状況を背景に、株式会社オプティムは「オンライン診察プラットフォーム」のOEM(Original Equipment Manufacturing:提供先のブランドで生産・提供をする方式)提供を行い、遠隔制御を中心としたテクノロジーをパートナー企業に公開する事を発表した。
続きを読む
https://iotnews.jp/archives/152065

ニュース選定者:羽岡久美子
IoT NEWS
https://iotnews.jp/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  2. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  3. Fitbit、GPS搭載フィットネストラッカー「Charge 4」を4月に2万1980円で発売 (2…

  4. スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

  5. メドレー、「CLINICSオンライン診療」を活用した服薬指導の実施において、大手調剤3社と連携を開始…

  6. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  7. スリープテックで睡眠生活を向上。いびき防止ウェアラブルデバイス 「Snore Circle / スノ…

  8. スマホアプリで測定データを管理できるホースレス上腕式血圧計を発表 (2020.3.23)

ランキング

PAGE TOP