サンフランシスコの救急医療現場、新型コロナ対策でスマートリングを活用 (2020.3.24)

新型コロナウイルス(COVID-19)では、対応に当たる医療従事者への感染も増えていますが、サンフランシスコでは感染を早期発見し、医療従事者からの感染拡大を防止する目的で、スマートリングが活用されています。
現地メディアSan Francisco Chronicleによると、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のメディカルセンターとザッカーバーグサンフランシスコ総合病院の救急医療従事者、約2000人が、スマートリングであるOura Ringを装着し、体温などのバイタルを記録し感染のチェックを行っているとのことです。
続きを読む
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-23-sf-er.html

ニュース選定者:佐々木崇
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/

■情報公開日:2020年7月15日
■最新情報更新日:2020年7月15日

 

関連記事をみる

  1. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  2. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  3. スマホアプリで測定データを管理できるホースレス上腕式血圧計を発表 (2020.3.23)

  4. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  5. 親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)…

  6. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  7. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  8. ゲームベースの「デジタル治療」をFDAが認可、小児ADHDの注意機能を改善 (2020.6.16)

ランキング

PAGE TOP