サンフランシスコの救急医療現場、新型コロナ対策でスマートリングを活用 (2020.3.24)

新型コロナウイルス(COVID-19)では、対応に当たる医療従事者への感染も増えていますが、サンフランシスコでは感染を早期発見し、医療従事者からの感染拡大を防止する目的で、スマートリングが活用されています。
現地メディアSan Francisco Chronicleによると、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のメディカルセンターとザッカーバーグサンフランシスコ総合病院の救急医療従事者、約2000人が、スマートリングであるOura Ringを装着し、体温などのバイタルを記録し感染のチェックを行っているとのことです。
続きを読む
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-23-sf-er.html

ニュース選定者:佐々木崇
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/

■情報公開日:2020年7月15日
■最新情報更新日:2020年7月15日

 

関連記事をみる

  1. 手が顔に触れようとすると振動するリストバンド『Immutouch』、新型コロナ対策にも (2020.…

  2. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

  3. Wi-Fiで位置も呼吸も転倒も分かる センサー不要のセンシング&測位技術「WirelessAI」(2…

  4. MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

  5. アップル、車いすユーザーの活動量をスマートウォッチで計測する技術–特許を取得 (2020…

  6. コヴィディエンジャパン,大腸用カプセル型内視鏡「PillCam™ COLON 2 カプセル内視鏡シス…

  7. CureAppが減酒支援アプリを開発!久里浜医療センターとの共同研究を開始 (2020.6.12)

  8. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

ランキング

PAGE TOP