サンフランシスコの救急医療現場、新型コロナ対策でスマートリングを活用 (2020.3.24)

新型コロナウイルス(COVID-19)では、対応に当たる医療従事者への感染も増えていますが、サンフランシスコでは感染を早期発見し、医療従事者からの感染拡大を防止する目的で、スマートリングが活用されています。
現地メディアSan Francisco Chronicleによると、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のメディカルセンターとザッカーバーグサンフランシスコ総合病院の救急医療従事者、約2000人が、スマートリングであるOura Ringを装着し、体温などのバイタルを記録し感染のチェックを行っているとのことです。
続きを読む
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-23-sf-er.html

ニュース選定者:佐々木崇
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/

■情報公開日:2020年7月15日
■最新情報更新日:2020年7月15日

 

関連記事をみる

  1. 枕で睡眠を可視化!心拍数、呼吸数、寝返り、睡眠時間、睡眠の深さを計測できるエムールの「EMOOR S…

  2. 親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)…

  3. LINE ヘルスケア、全国の医師に向けて、LINE ビデオ通話を活用した「オンライン診療マニュアル」…

  4. スマートウォッチで新型コロナウイルスを早期検出できるかも? Fitbitが調査中(2020.5.26…

  5. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  6. Apple Watchで測った心拍数を分析して自動作曲 AI作曲アプリ「AImelo」登場 (202…

  7. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

  8. 新型コロナ重症患者対策の「人工肺ECMO教育VR」が登場 (2020.6.24)

ランキング

PAGE TOP