スマホ vs ウェアラブル機器、運動療法の身体活動量モニタリングに適しているのは? (2020.4.21)

運動療法が治療の基礎をなす疾患は少なくない。近年、それらの疾患の管理のために、身体活動量のモニタリグが可能な各種ウェアラブル機器が用いられるようになってきた。それらの機器は、歩数や歩行距離に加え、加速度計による身体活動量の推計、あるいは心拍数や睡眠時間などを評価する機能を持つものもある。
一方、歩数や消費エネルギー量のレベルであれば、スマートフォン(スマホ)のアプリでも十分計測できる。むしろスマホのほうが装着の手間がかからないというメリットがあり、多くの人が常に携帯している。
では実際に疾患管理のために身体活動量を把握するには、ウェアラブル機器とスマホのどちらがよいのだろうか。
続きを読む
https://sndj-web.jp/news/000647.php

ニュース選定者:羽岡久美子
スポーツ栄養Web
https://sndj-web.jp/

■情報公開日:2020年7月15日
■最新情報更新日:2020年7月15日

 

関連記事をみる

  1. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  2. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  3. メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.…

  4. 【新型コロナ】非接触で測定!需要高まる放射温度計 (2020.4.26)

  5. コヴィディエンジャパン,大腸用カプセル型内視鏡「PillCam™ COLON 2 カプセル内視鏡シス…

  6. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

  7. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

  8. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

ランキング

PAGE TOP