スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (2020.4.21)

最新の研究により、心拍数が通常時よりも高い場合、風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどのウイルス性疾患にかかっている可能性があると指摘されています。そこで、AppleやFitbitなどが開発する心拍数の測定が可能なウェアラブルデバイスから得られる情報を用いて、研究者が人間の健康状態に関するより多くの洞察を得られるようにと始まったのがスクリプス研究所による健康調査プロジェクト「DETECT」です。ウェアラブルデバイスが収集した心拍数データと共に、ユーザーが自己報告した「せき・発熱などの症状」を記録することができます。
続きを読む
https://gigazine.net/news/20200416-detect-health-study/

ニュース選定者:鈴木美香
Gigazine
https://gigazine.net/

■情報公開日:2020年7月16日
■最新情報更新日:2020年7月16日

 

関連記事をみる

  1. ヤマト運輸がIoTで高齢者の見守りをサポート SIM内蔵IoT電球のHelloLightと実証実験を…

  2. オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

  3. スマホアプリで測定データを管理できるホースレス上腕式血圧計を発表 (2020.3.23)

  4. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  5. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  6. ストレスがたまるサイトは? こころの健康状態を可視化するAI分析アプリ「Misu」 (2020.6.…

  7. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  8. 【医薬品開発の新潮流~プロセス変革を担うテクノロジー~】ファーマ・コンサルティング・グループ(vie…

ランキング

PAGE TOP