スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (2020.4.21)

最新の研究により、心拍数が通常時よりも高い場合、風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどのウイルス性疾患にかかっている可能性があると指摘されています。そこで、AppleやFitbitなどが開発する心拍数の測定が可能なウェアラブルデバイスから得られる情報を用いて、研究者が人間の健康状態に関するより多くの洞察を得られるようにと始まったのがスクリプス研究所による健康調査プロジェクト「DETECT」です。ウェアラブルデバイスが収集した心拍数データと共に、ユーザーが自己報告した「せき・発熱などの症状」を記録することができます。
続きを読む
https://gigazine.net/news/20200416-detect-health-study/

ニュース選定者:鈴木美香
Gigazine
https://gigazine.net/

■情報公開日:2020年7月16日
■最新情報更新日:2020年7月16日

 

関連記事をみる

  1. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

  2. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  3. 手が顔に触れようとすると振動するリストバンド『Immutouch』、新型コロナ対策にも (2020.…

  4. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

  5. スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

  6. アップル、車いすユーザーの活動量をスマートウォッチで計測する技術–特許を取得 (2020…

  7. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

  8. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

ランキング

PAGE TOP