スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

装着者の脳の働きをモニターし、改善するスマートグラス「Blueberry」が登場した。休憩を提案することで、パフォーマンスを最適化してくれる。
Blueberryは眼鏡のつるの部分に、センサーを搭載。これにより、脳の働きや心拍数を測定し、装着者のパフォーマンスを測定してくれる。
そしてそのデータをメガネのレンズの色の濃さに反映することで、装着者のパフォーマンスを向上させてくれる。例えば脳の活動が低下しているときには、一時的にレンズの色を濃くして休憩するように促し、その後のパフォーマンスの向上が期待できるのだ。
続きを読む
https://techable.jp/archives/122063

ニュース選定者:鈴木美香
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月16日
■最新情報更新日:2020年7月16日

 

関連記事をみる

  1. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  2. テレワーク中の社員のコンディション把握に最適!歩くほどに学びが深まる、健康教育アプリ「COCOLOL…

  3. スマホ vs ウェアラブル機器、運動療法の身体活動量モニタリングに適しているのは? (2020.4.…

  4. オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

  5. ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」 ゲーミフィケーションでコロナ時代のヘルスケアを…

  6. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  7. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  8. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

ランキング

PAGE TOP