スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

装着者の脳の働きをモニターし、改善するスマートグラス「Blueberry」が登場した。休憩を提案することで、パフォーマンスを最適化してくれる。
Blueberryは眼鏡のつるの部分に、センサーを搭載。これにより、脳の働きや心拍数を測定し、装着者のパフォーマンスを測定してくれる。
そしてそのデータをメガネのレンズの色の濃さに反映することで、装着者のパフォーマンスを向上させてくれる。例えば脳の活動が低下しているときには、一時的にレンズの色を濃くして休憩するように促し、その後のパフォーマンスの向上が期待できるのだ。
続きを読む
https://techable.jp/archives/122063

ニュース選定者:鈴木美香
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月16日
■最新情報更新日:2020年7月16日

 

関連記事をみる

  1. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  2. MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

  3. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  4. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  5. ゲームベースの「デジタル治療」をFDAが認可、小児ADHDの注意機能を改善 (2020.6.16)

  6. Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力 (2020.4.16)

  7. 新型コロナ重症患者対策の「人工肺ECMO教育VR」が登場 (2020.6.24)

  8. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

ランキング

PAGE TOP