スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

装着者の脳の働きをモニターし、改善するスマートグラス「Blueberry」が登場した。休憩を提案することで、パフォーマンスを最適化してくれる。
Blueberryは眼鏡のつるの部分に、センサーを搭載。これにより、脳の働きや心拍数を測定し、装着者のパフォーマンスを測定してくれる。
そしてそのデータをメガネのレンズの色の濃さに反映することで、装着者のパフォーマンスを向上させてくれる。例えば脳の活動が低下しているときには、一時的にレンズの色を濃くして休憩するように促し、その後のパフォーマンスの向上が期待できるのだ。
続きを読む
https://techable.jp/archives/122063

ニュース選定者:鈴木美香
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月16日
■最新情報更新日:2020年7月16日

 

関連記事をみる

  1. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  2. メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.…

  3. Fitbit、GPS搭載フィットネストラッカー「Charge 4」を4月に2万1980円で発売 (2…

  4. ゲームベースの「デジタル治療」をFDAが認可、小児ADHDの注意機能を改善 (2020.6.16)

  5. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  6. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  7. 開発が進むオンライン診療…「本当に必要な人だけ病院に来る」世界が到来? (2020.4.3)

  8. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

ランキング

PAGE TOP