ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22)

IDC Japanは2020年3月26日、2019年の第4四半期(10~12月)と通年のウェアラブルデバイスについて、世界と国内における出荷台数を発表した。今回の発表は「IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker 2019Q4」のデータに基づくものだ。それによると、2019年第4四半期の世界のウェアラブルデバイス出荷台数は、前年同期比82.3%増の1億1894万台、2019年通年では前年比89.0%増の3億3650万台となった。
特に著しい成長が見られたのは、音声アシスタント対応のイヤフォンやヘッドフォンなどの耳装着型デバイスで、2019年通年の出荷台数は前年比250.5%増の1億7047万台だった。
続きを読む
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2004/22/news082.html

ニュース選定者:羽岡久美子
MONOist
https://monoist.atmarkit.co.jp/

■情報公開日:2020年7月16日
■最新情報更新日:2020年7月16日

 

関連記事をみる

  1. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

  2. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  3. ヤマト運輸がIoTで高齢者の見守りをサポート SIM内蔵IoT電球のHelloLightと実証実験を…

  4. スマートウォッチで新型コロナウイルスを早期検出できるかも? Fitbitが調査中(2020.5.26…

  5. 救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能 (…

  6. Fitbit、GPS搭載フィットネストラッカー「Charge 4」を4月に2万1980円で発売 (2…

  7. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  8. Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力 (2020.4.16)

ランキング

PAGE TOP