スリープテックで睡眠生活を向上。いびき防止ウェアラブルデバイス 「Snore Circle / スノアサークル」シリーズ (2020.4.21)

睡眠負債という言葉が沢山の方に知られたように、人生の3分の1の時間を過ごす睡眠への関心が高まっています。その中で、非常に多くの方に関心を持たれているのが ”いびき” です。
慶應義塾大学医学部の睡眠医学研究寄附講座特任教授であるスリープクリニック調布院長の遠藤拓郎先生によると、いびきは自覚症状がないことや、自覚症状があったり、他人に指摘されても、病院で診察を受ける人はほとんどいないので、正確な数字は分かっていませんが、 日本における「いびき人口」は、”約2000万人”と推定されています。
続きを読む
https://www.smartwatchlife.jp/6451/

ニュース選定者:羽岡久美子
Smart Watch Life
https://www.smartwatchlife.jp/

■情報公開日:2020年7月17日
■最新情報更新日:2020年7月17日

 

関連記事をみる

  1. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  2. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  3. 自宅で歯並び矯正「Oh my teeth」、AI搭載の歯並び撮影アプリをリリース! (2020.4.…

  4. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  5. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

  6. オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

  7. まぶたの写真を撮って貧血を診断! パデュー大らがスマホアプリによる検査技術を開発 (2020.7.3…

  8. LINE ヘルスケア、全国の医師に向けて、LINE ビデオ通話を活用した「オンライン診療マニュアル」…

ランキング

PAGE TOP