新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (2020.5.7)

小さくて目立たず、1日中貼りっぱなしでOK。 症状が多種多様で、いまだに詳しく正体がわからない新型コロナウイルス。その症状をモニタリングして理解を深めようと、喉元にペタっと貼って、咳、発熱、呼吸、心拍数を計測するウェアラブル・デバイスが開発されました。
NORTHWESTERN NOWによりますと、デバイスを作ったのはノースウェスタン大学の研究者で、診断用アルゴリズムはシカゴのシャーリー・ライアン・アビリティーラボが担当したとのこと。このデバイスで、特にコロナウイルスの初期症状を監視します。 CNETの記事では、このデバイスは周りの雑音やユーザーのプライバシーな会話などを録音してしまう懸念から、マイクは使用していないとあります。使っているのは高帯域幅の3軸加速度計で、皮膚の表面の動きを測定しているとのこと。
続きを読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/97b25fe6ee863e996c617a3afb78664c9c1d2aa5

ニュース選定者:佐々木崇
Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/

■情報公開日:2020年7月20日
■最新情報更新日:2020年7月20日

 

関連記事をみる

  1. Wi-Fiで位置も呼吸も転倒も分かる センサー不要のセンシング&測位技術「WirelessAI」(2…

  2. まぶたの写真を撮って貧血を診断! パデュー大らがスマホアプリによる検査技術を開発 (2020.7.3…

  3. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  4. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  5. Apple Watchで測った心拍数を分析して自動作曲 AI作曲アプリ「AImelo」登場 (202…

  6. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  7. 【医薬品開発の新潮流~プロセス変革を担うテクノロジー~】ファーマ・コンサルティング・グループ(vie…

  8. 新型コロナ重症患者対策の「人工肺ECMO教育VR」が登場 (2020.6.24)

ランキング

PAGE TOP