新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (2020.5.7)

小さくて目立たず、1日中貼りっぱなしでOK。 症状が多種多様で、いまだに詳しく正体がわからない新型コロナウイルス。その症状をモニタリングして理解を深めようと、喉元にペタっと貼って、咳、発熱、呼吸、心拍数を計測するウェアラブル・デバイスが開発されました。
NORTHWESTERN NOWによりますと、デバイスを作ったのはノースウェスタン大学の研究者で、診断用アルゴリズムはシカゴのシャーリー・ライアン・アビリティーラボが担当したとのこと。このデバイスで、特にコロナウイルスの初期症状を監視します。 CNETの記事では、このデバイスは周りの雑音やユーザーのプライバシーな会話などを録音してしまう懸念から、マイクは使用していないとあります。使っているのは高帯域幅の3軸加速度計で、皮膚の表面の動きを測定しているとのこと。
続きを読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/97b25fe6ee863e996c617a3afb78664c9c1d2aa5

ニュース選定者:佐々木崇
Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/

■情報公開日:2020年7月20日
■最新情報更新日:2020年7月20日

 

関連記事をみる

  1. サムスンのGalaxy Watchの血圧測定アプリが韓国で承認 (2020.4.21)

  2. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  3. 救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能 (…

  4. スマホ vs ウェアラブル機器、運動療法の身体活動量モニタリングに適しているのは? (2020.4.…

  5. ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」 ゲーミフィケーションでコロナ時代のヘルスケアを…

  6. 新型コロナにMaaSや遠隔問診で対応、フィリップスが医療ソリューションを提案 (2020.4.30)…

  7. テレワーク中の社員のコンディション把握に最適!歩くほどに学びが深まる、健康教育アプリ「COCOLOL…

  8. メドレー、「CLINICSオンライン診療」を活用した服薬指導の実施において、大手調剤3社と連携を開始…

ランキング

PAGE TOP