オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

慢性疾患の患者が自宅にいながらオンラインで医師の診療を受け、薬剤師から常用薬の説明を受ける。あとは宅配便で届く常用薬を待つだけ――。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、定期的な受診が必要な慢性疾患などの患者がオンラインで診療と服薬指導を受けられる体制の構築が急ピッチで進んでいる。
続きを読む
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/07308/?ST=ch_digitalhealth

ニュース選定者:羽岡久美子
デジタルヘルス
https://xtech.nikkei.com/media/digitalhealth/

■情報公開日:2020年7月14日
■最新情報更新日:2020年7月14日

 

関連記事をみる

  1. MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

  2. ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」 ゲーミフィケーションでコロナ時代のヘルスケアを…

  3. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  4. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  5. CureAppが減酒支援アプリを開発!久里浜医療センターとの共同研究を開始 (2020.6.12)

  6. 新型コロナ重症患者対策の「人工肺ECMO教育VR」が登場 (2020.6.24)

  7. ヤマト運輸がIoTで高齢者の見守りをサポート SIM内蔵IoT電球のHelloLightと実証実験を…

  8. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

ランキング

PAGE TOP