メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.5.18)

クボタビジョン・インクは5月18日、ヒトを対象に、眼に光を用いた刺激を与えるアクティブスティミュレーションを用いた卓上デバイスでの効果検証を行なった結果、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対照眼と比較して短縮したと発表した。
それに伴い、近視領域での需要を見込み、ウェアラブル近視デバイスの開発を加速させるという。
同社によると、2050年には世界の約半数の人が近視に陥ると予測されているという。特に、日本を含む、中国、香港、台湾、韓国、シンガポールといった東アジアの国々で近視が急激に増加。ソウルでは、19歳の男性の96.5%が近視というデータも示されているという。
続きを読む
https://japan.cnet.com/article/35153921/

ニュース選定者:羽岡久美子
CNET Japan
https://japan.cnet.com/

■情報公開日:2020年7月30日
■最新情報更新日:2020年7月30日

 

関連記事をみる

  1. MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

  2. 自宅で歯並び矯正「Oh my teeth」、AI搭載の歯並び撮影アプリをリリース! (2020.4.…

  3. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  4. 手が顔に触れようとすると振動するリストバンド『Immutouch』、新型コロナ対策にも (2020.…

  5. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

  6. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  7. 良質な睡眠をサポート!新感覚のイヤホン型デバイス「Amazfit ZenBuds」(2020.7.6…

  8. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

ランキング

PAGE TOP