Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認定 (2020.6.6)

Apple Watch Series 4以降に搭載されたECG(心電図)機能を有効にするには、国や地域ごとに医療機器としての認証が必要となります。そのため最初に利用可能となった米国をはじめ、現地にて規制当局の認証が得られしだい順次展開されており、記事執筆時点では日本での提供はありません。
しかし、まもなく日本でもECGアプリが利用可能となるかもしれない手がかりが報じられています。
海外でも情報の信ぴょう性と迅速さに定評あるMacお宝鑑定団Blogは、医薬品や医療機器などの審査関連業務を行うPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)が「認定・登録外国製造業者リスト」(令和2年6月1日現在)を更新し、その中にアップルが含まれていることを報告しています。
続きを読む
https://japanese.engadget.com/applewatch-ecg-081035190.html?guccounter=1

ニュース選定者:佐々木崇
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/

■情報公開日:2020年7月31日
■最新情報更新日:2020年7月31日

 

関連記事をみる

  1. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

  2. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  3. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  4. 新型コロナ重症患者対策の「人工肺ECMO教育VR」が登場 (2020.6.24)

  5. オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

  6. 【新型コロナ】非接触で測定!需要高まる放射温度計 (2020.4.26)

  7. スマホ vs ウェアラブル機器、運動療法の身体活動量モニタリングに適しているのは? (2020.4.…

  8. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

ランキング

PAGE TOP