親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)

住宅設備機器販売の株式会社NITTO CERAが、IoTサービス「omu」をノバルス株式会社と共同開発。
トイレの使用履歴を通じて、設置者(親)の生活リズムを可視化する。また、同サービスに関するプロジェクトが、クラウドファンディングサイトの「Makuake」にて始まった。「omu」は、トイレ使用時に流れる水を検知するIoTサービスだ。生活導線上にあるトイレの使用データを通じて、親の生活リズムを知ることができる。
設置方法は非常にシンプルで、機器をトイレタンクに置くだけ。時間や費用のかかる設備工事を不要とした。
機器の重量は約105gで、通信方式としてBluetoothを採用。一般的な単4形の乾電池(2本)を動力源としている。
続きを読む
https://techable.jp/archives/128217

ニュース選定者:小坂洸人
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月31日
■最新情報更新日:2020年7月31日

 

関連記事をみる

  1. サムスンのGalaxy Watchの血圧測定アプリが韓国で承認 (2020.4.21)

  2. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  3. 救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能 (…

  4. ストレスがたまるサイトは? こころの健康状態を可視化するAI分析アプリ「Misu」 (2020.6.…

  5. 花粉症

    LINEヘルスケア、花粉症の対策や治療方法は「LINE」で医師に相談!!ノバルティス ファーマと連携…

  6. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  7. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  8. 情報機器メーカーと大学が睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.30)

ランキング

PAGE TOP