親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)

住宅設備機器販売の株式会社NITTO CERAが、IoTサービス「omu」をノバルス株式会社と共同開発。
トイレの使用履歴を通じて、設置者(親)の生活リズムを可視化する。また、同サービスに関するプロジェクトが、クラウドファンディングサイトの「Makuake」にて始まった。「omu」は、トイレ使用時に流れる水を検知するIoTサービスだ。生活導線上にあるトイレの使用データを通じて、親の生活リズムを知ることができる。
設置方法は非常にシンプルで、機器をトイレタンクに置くだけ。時間や費用のかかる設備工事を不要とした。
機器の重量は約105gで、通信方式としてBluetoothを採用。一般的な単4形の乾電池(2本)を動力源としている。
続きを読む
https://techable.jp/archives/128217

ニュース選定者:小坂洸人
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月31日
■最新情報更新日:2020年7月31日

 

関連記事をみる

  1. 【新型コロナ】誤診の懸念も…オンライン診療は医療基盤になるか (2020.5.7)

  2. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

  3. 新型コロナにMaaSや遠隔問診で対応、フィリップスが医療ソリューションを提案 (2020.4.30)…

  4. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

  5. 花粉症

    LINEヘルスケア、花粉症の対策や治療方法は「LINE」で医師に相談!!ノバルティス ファーマと連携…

  6. 新型コロナ重症患者対策の「人工肺ECMO教育VR」が登場 (2020.6.24)

  7. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  8. ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」 ゲーミフィケーションでコロナ時代のヘルスケアを…

ランキング

PAGE TOP