親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)

住宅設備機器販売の株式会社NITTO CERAが、IoTサービス「omu」をノバルス株式会社と共同開発。
トイレの使用履歴を通じて、設置者(親)の生活リズムを可視化する。また、同サービスに関するプロジェクトが、クラウドファンディングサイトの「Makuake」にて始まった。「omu」は、トイレ使用時に流れる水を検知するIoTサービスだ。生活導線上にあるトイレの使用データを通じて、親の生活リズムを知ることができる。
設置方法は非常にシンプルで、機器をトイレタンクに置くだけ。時間や費用のかかる設備工事を不要とした。
機器の重量は約105gで、通信方式としてBluetoothを採用。一般的な単4形の乾電池(2本)を動力源としている。
続きを読む
https://techable.jp/archives/128217

ニュース選定者:小坂洸人
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月31日
■最新情報更新日:2020年7月31日

 

関連記事をみる

  1. スマホアプリで測定データを管理できるホースレス上腕式血圧計を発表 (2020.3.23)

  2. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

  3. 救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能 (…

  4. 新型コロナにMaaSや遠隔問診で対応、フィリップスが医療ソリューションを提案 (2020.4.30)…

  5. 【新型コロナ】非接触で測定!需要高まる放射温度計 (2020.4.26)

  6. ウェアラブルデバイスの2019年世界出荷台数は3億3650万台、耳装着型が躍進 (2020.4.22…

  7. 開発が進むオンライン診療…「本当に必要な人だけ病院に来る」世界が到来? (2020.4.3)

  8. オプティム、オンライン診察プラットフォームのOEM提供を開始 (2020.4.17)

ランキング

PAGE TOP