まぶたの写真を撮って貧血を診断! パデュー大らがスマホアプリによる検査技術を開発 (2020.7.31)

スマホカメラでそのまま血液検査ができる時代がくるかもしれない。
パデュー大学らの研究チームは、まぶたのスマホ画像を使用して血液中のヘモグロビンレベルを測定する手法を開発した。研究から、スマホカメラを利用した同手法による診断が、従来の血液検査に匹敵する精度が得られることが判明。同手法は、貧血や栄養状態の診断などに利用できる可能性がある。
同手法では、物質が吸収する光のスペクトルを分析する「分光分析」が用いられている。分光分析自体は、血液中のヘモグロビンレベルの測定にもよく利用されているものとのことだが、通常この手の分析には、高価な光学デバイスが必須だ。
続きを読む
https://techable.jp/archives/126186

ニュース選定者:羽岡久美子
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年7月31日
■最新情報更新日:2020年7月31日

 

関連記事をみる

  1. 【新型コロナ】非接触で測定!需要高まる放射温度計 (2020.4.26)

  2. CureAppが減酒支援アプリを開発!久里浜医療センターとの共同研究を開始 (2020.6.12)

  3. コンタクトレンズは多機能なウェアラブルディバイス化?2021年に臨床試験開始目指す (2020.5.…

  4. ゲームベースの「デジタル治療」をFDAが認可、小児ADHDの注意機能を改善 (2020.6.16)

  5. スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

  6. 親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中 (2020.6.16)…

  7. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

  8. メガネのいらない世界をつくる–ウェアラブル近視デバイスの開発に向け効果検証 (2020.…

ランキング

PAGE TOP