CureAppが減酒支援アプリを開発!久里浜医療センターとの共同研究を開始 (2020.6.12)

株式会社CureApp(以下、「CureApp」)が、多量飲酒者の減酒を支援するアプリ(以下、「減酒支援アプリ」)を開発。独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター(以下、「久里浜医療センター」)との共同研究を開始した。
今後はエビデンスを蓄積し、アルコール摂取量に問題を抱えた患者の支援につなげる。
CureAppは、減酒支援アプリの併用を前提としたオンラインカウンセリングプログラムも開発。このプログラムは、多量飲酒者(一日あたりの純アルコール摂取が一定量以上)への心理的な支援を目的としており、認知行動療法の考え方がベースになっている。ユーザーはアプリを通して自身の飲酒を振り返り、多量飲酒の原因に気づくきっかけを得る。これにより、飲酒欲求への対処スキルを獲得し、不適切な飲酒習慣を修正していく。
続きを読む
https://techable.jp/archives/127821

ニュース選定者:小坂洸人
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年8月4日
■最新情報更新日:2020年8月4日

 

関連記事をみる

  1. サンフランシスコの救急医療現場、新型コロナ対策でスマートリングを活用 (2020.3.24)

  2. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  3. 情報機器メーカーと大学が睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.30)

  4. MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

  5. IoT をもっと始めやすく!IoT デバイスを1個から購入可能な「SORACOM IoT ストア」を…

  6. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  7. 【医薬品開発の新潮流~プロセス変革を担うテクノロジー~】ファーマ・コンサルティング・グループ(vie…

  8. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

ランキング

PAGE TOP