救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能 (2020.8.4)

911(日本なら119番)に電話したとき、対応した通信指令員が知っておくべき病歴をあなたはわかっているだろうか?薬剤アレルギーや現在服用している薬などだ。
iPhoneとApple Watchでは、本人が選択した場合にこの情報を自動的に指令員に送れるようになる。
ユーザーがこの機能を有効にした状態で911を呼ぶと、Apple(アップル)は指令センターの位置を確認して「Enhanced Emergency Data」(拡張緊急データ)に対応しているかどうかを調べる。これはアップルが数年前に開発したサービスで、救急センターに発信者の場所を伝えるしくみだ。対応していれば、ユーザーのメディカルID情報(「ヘルスケア」アプリで設定する)が救急サービスに通知される。
続きを読む
https://jp.techcrunch.com/2020/05/07/2020-05-06-your-iphone-will-soon-be-able-to-tell-911-about-your-medical-conditions-and-allergies/

ニュース選定者:鈴木美香
TechCrunch Japan
https://jp.techcrunch.com/

■情報公開日:2020年8月4日
■最新情報更新日:2020年8月4日

 

関連記事をみる

  1. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  2. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  3. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  4. ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

  5. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

  6. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  7. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

  8. 手が顔に触れようとすると振動するリストバンド『Immutouch』、新型コロナ対策にも (2020.…

ランキング

PAGE TOP