ヤマト運輸がIoTで高齢者の見守りをサポート SIM内蔵IoT電球のHelloLightと実証実験を開始(2020.6.2)

ヤマト運輸株式会社 (以下、ヤマト運輸)とハローライト株式会社(以下、ハローライト)は、2020年6月22日より東京都多摩市にあるヤマト運輸ネコサポステーションで、IoT電球「HelloLight」による、多摩市在住の独居高齢者を対象とした見守りサービスの実証実験を開始することを発表した。
この取組は独居高齢者の宅内に設置したIoT電球「HelloLight」の点灯検知機能やヤマト運輸が提供する地域コミュニティ活性化サービス、ネコサポを利用し、異常検知の初動を早める試み。
住民が安心して快適に暮らせる街づくりに貢献していくことが狙いだと言う。
続きを読む
https://robotstart.info/2020/06/02/yamato-hellolight.html

ニュース選定者:佐々木崇
ロボスタ
https://robotstart.info/

■情報公開日:2020年8月4日
■最新情報更新日:2020年8月4日

 

関連記事をみる

  1. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  2. コンタクトレンズは多機能なウェアラブルディバイス化?2021年に臨床試験開始目指す (2020.5.…

  3. スマートウォッチを駆使してウイルス性疾患を早期警告するための健康調査プロジェクト「DETECT」 (…

  4. 大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

  5. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

  6. AIを用いて手動入力を排除した血糖値予測システムを開発(2019年5月7日)

  7. サンフランシスコの救急医療現場、新型コロナ対策でスマートリングを活用 (2020.3.24)

  8. スマートウォッチで新型コロナウイルスを早期検出できるかも? Fitbitが調査中(2020.5.26…

ランキング

PAGE TOP