ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

【AFP=時事】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を早期に探知し警告する方法として、米アップル(Apple)のアップルウオッチ(Apple Watch)や米フィットネス管理大手フィットビット(Fitbit)などのウエアラブル端末に注目が集まっている。
米ウェストバージニア大学(WVU)のロックフェラー神経科学研究所(RNI)の科学者は先月、健康管理できるウエアラブル端末「オーラリング(Oura Ring)」用のアプリを開発したと明らかにした。COVID-19の症状が表れる3日前から探知が可能だという。
同大学によると、このアプリは人工知能(AI)を用い、熱、せき、呼吸困難、倦怠(けんたい)感といった新型コロナウイルスに関連する症状の発症を90%以上の精度で予測する。
続きを読む
https://media.dglab.com/2020/06/29-afp-01-13/

ニュース選定者:羽岡久美子
DG Lab Haus
https://media.dglab.com/

■情報公開日:2020年8月4日
■最新情報更新日:2020年8月4日

 

関連記事をみる

  1. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

  2. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

  3. Apple Watchで測った心拍数を分析して自動作曲 AI作曲アプリ「AImelo」登場 (202…

  4. ストレスがたまるサイトは? こころの健康状態を可視化するAI分析アプリ「Misu」 (2020.6.…

  5. Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力 (2020.4.16)

  6. サムスンのGalaxy Watchの血圧測定アプリが韓国で承認 (2020.4.21)

  7. 大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

  8. 良質な睡眠をサポート!新感覚のイヤホン型デバイス「Amazfit ZenBuds」(2020.7.6…

ランキング

PAGE TOP