ウエアラブル端末でコロナを早期に探知 研究盛んに (2020.6.29)

【AFP=時事】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を早期に探知し警告する方法として、米アップル(Apple)のアップルウオッチ(Apple Watch)や米フィットネス管理大手フィットビット(Fitbit)などのウエアラブル端末に注目が集まっている。
米ウェストバージニア大学(WVU)のロックフェラー神経科学研究所(RNI)の科学者は先月、健康管理できるウエアラブル端末「オーラリング(Oura Ring)」用のアプリを開発したと明らかにした。COVID-19の症状が表れる3日前から探知が可能だという。
同大学によると、このアプリは人工知能(AI)を用い、熱、せき、呼吸困難、倦怠(けんたい)感といった新型コロナウイルスに関連する症状の発症を90%以上の精度で予測する。
続きを読む
https://media.dglab.com/2020/06/29-afp-01-13/

ニュース選定者:羽岡久美子
DG Lab Haus
https://media.dglab.com/

■情報公開日:2020年8月4日
■最新情報更新日:2020年8月4日

 

関連記事をみる

  1. アップル、車いすユーザーの活動量をスマートウォッチで計測する技術–特許を取得 (2020…

  2. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  3. 開発が進むオンライン診療…「本当に必要な人だけ病院に来る」世界が到来? (2020.4.3)

  4. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  5. 救急車を呼ぶとiPhoneやApple Watchが病歴やアレルギー情報を通信指令員に伝える機能 (…

  6. 大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

  7. コンタクトレンズは多機能なウェアラブルディバイス化?2021年に臨床試験開始目指す (2020.5.…

  8. Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

ランキング

PAGE TOP