MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

MITリンカーン研究所の研究チームは、発話の際の音声の微妙な変化から、新型コロナ感染を検出する技術を開発している。
研究チームはもともと、筋萎縮性側索硬化症(ALS)やパーキンソン病などの音声バイオマーカーを研究。新型コロナでも音声に特徴が表れることを発見した。
同技術は将来的に、アプリや遠隔診療による新型コロナの診断に利用される可能性がある。
発声には、たくさんの筋肉が関わっており、炎症や神経障害がこれらの相互作用に影響を与える。音声バイオマーカーは、呼吸器官と発声器官(のど)、発語器官(舌、唇、あご)の連携の乱れから、疾患/障害を予測するものだ。
続きを読む
https://techable.jp/archives/131405

ニュース選定者:小坂洸人
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年8月6日
■最新情報更新日:2020年8月6日

 

関連記事をみる

  1. 独自伸縮FPCで脳波測定、筋肉のトレーニングに応用も

  2. ストレスがたまるサイトは? こころの健康状態を可視化するAI分析アプリ「Misu」 (2020.6.…

  3. Apple Watchの心電図機能、まもなく日本でも利用可能に?アップルが医療機器外国製造業として認…

  4. 「Galaxy Watch」で手を洗う習慣をサポートするアプリ「Hand Wash」 (2020.8…

  5. 尿検査や聴診を在宅で行える遠隔診療アプリ開発 (2020.7.6)

  6. 新型コロナの初期症状を探れ。喉に貼って咳、呼吸、心拍数、体温を計測するウェアラブル・デバイス (20…

  7. 生涯充電不要!? ウェアラブルトラッカー「MOTHER」登場

  8. Fitbit、GPS搭載フィットネストラッカー「Charge 4」を4月に2万1980円で発売 (2…

ランキング

PAGE TOP