MITが音声から新型コロナ感染を検出する技術! 遠隔診療に最適 (2020.7.15)

MITリンカーン研究所の研究チームは、発話の際の音声の微妙な変化から、新型コロナ感染を検出する技術を開発している。
研究チームはもともと、筋萎縮性側索硬化症(ALS)やパーキンソン病などの音声バイオマーカーを研究。新型コロナでも音声に特徴が表れることを発見した。
同技術は将来的に、アプリや遠隔診療による新型コロナの診断に利用される可能性がある。
発声には、たくさんの筋肉が関わっており、炎症や神経障害がこれらの相互作用に影響を与える。音声バイオマーカーは、呼吸器官と発声器官(のど)、発語器官(舌、唇、あご)の連携の乱れから、疾患/障害を予測するものだ。
続きを読む
https://techable.jp/archives/131405

ニュース選定者:小坂洸人
TECHABLE
https://techable.jp/

■情報公開日:2020年8月6日
■最新情報更新日:2020年8月6日

 

関連記事をみる

  1. スマートグラス「Blueberry」は装着者の脳パフォーマンスを計測可能 (2020.4.19)

  2. アップル、車いすユーザーの活動量をスマートウォッチで計測する技術–特許を取得 (2020…

  3. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  4. Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力 (2020.4.16)

  5. スリープテックで睡眠生活を向上。いびき防止ウェアラブルデバイス 「Snore Circle / スノ…

  6. 血圧もスマホで記録&グラフ表示の時代です(2020.2.27)

  7. まぶたの写真を撮って貧血を診断! パデュー大らがスマホアプリによる検査技術を開発 (2020.7.3…

  8. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

ランキング

PAGE TOP