Galaxy Watch3発表。心電図(ECG)と血圧測定に対応 (2020.8.6)

Samsungが8月5日に開催したUnpackedイベントにて、新スマートウォッチGalaxy Watch3を発表しました。名称はWatch3ですが、初代のGalaxy Watch、Galaxy Watch Active、そしてGalaxy Watch Active 2に続く4代目のGalaxy Watchとなります。
ケースサイズは45mmと41mmの2モデルで素材はステンレス。45mmサイズは初代Galaxy Watchと比較すると、14%薄く、8%小さく、15%軽量になっているとのこと。また、Galaxy Watch Active / Active 2では省かれていた、物理的な回転ベゼルが復活しているのが特徴です。
背面の心拍モニタは、血中酸素濃度(SpO2)と最大酸素摂取量(VO2max)の計測にも対応。ただし、どちらの機能も発売時には利用出来ず、2020年第3四半期のソフトウェアアップデートで利用可能になります。ただし、SpO2に関しては、いまのところ日本やタイ、フランスなどいくつかの国では利用出来ないとのことです。
続きを読む
https://japanese.engadget.com/samsung-galaxy-watch3-152037203.html

ニュース選定者:
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/

■情報公開日:2020年8月6日
■最新情報更新日:2020年8月6日

 

関連記事をみる

  1. OKI、京都大学健康科学センターと睡眠改善ソリューションの共同開発を開始 (2020.3.19)

  2. LINE ヘルスケア、全国の医師に向けて、LINE ビデオ通話を活用した「オンライン診療マニュアル」…

  3. 大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(2020.4.6)

  4. シミックとMICIN、国内初のオンライン診療機能を搭載した バーチャル臨床試験システム「MiROHA…

  5. 花粉症

    LINEヘルスケア、花粉症の対策や治療方法は「LINE」で医師に相談!!ノバルティス ファーマと連携…

  6. 心の病をアプリで治療、コロナ禍で注目 規制緩和も (2020.8.4)

  7. スマートウォッチで新型コロナウイルスを早期検出できるかも? Fitbitが調査中(2020.5.26…

  8. オンラインで診療から服薬指導まで、新型コロナの特例措置で可能に (2020.3.13)

ランキング

PAGE TOP